2016年6月19日 ジオパークシンポジウム「考古学,人類学,土壌学の視点から」を開催します

● ジオパークシンポジウム:考古学,人類学,土壌学の視点から

● 2016年6月19日(日)13:00~17:30

● 明治大学駿河台校舎リバティタワー1階1011教室
 (〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1)

● [主催]:日本第四紀学会[共催]:明治大学黒耀石研究センター

後援

日本考古学協会,日本旧石器学会,日本人類学会,日本土壌肥料学会,日本ペドロジー学会,日本ジオパークネットワーク

参加条件

事前申し込み不要、参加費無料

内容

考古学,人類学および土壌学の専門家による講演と議論を行い,ジオパークのすそ野を広げることを目指します.また,本シンポジウムは日本第四紀学会ジオパーク支援委員会と「社会のための第四紀学」研究委員会および明治大学黒耀石研究センターが協力し,日本考古学協会などの関連学会の後援を得て開催します.

プログラム

13:00-13:30「大地の価値を見直す―ユネスコによるジオパークの最近の動向―」目代邦康(自然保護助成基金)
13:30-14:00「旧石器考古学とジオパーク」小野昭(明治大)
14:00-14:30「古墳・火山・太陽」北條芳隆(東海大)
14:30-14:50「埋蔵文化財とジオパーク:千葉県銚子ジオパークから」赤塚弘美(銚子市)
15:00-15:30「沖縄県における旧石器時代遺跡調査とその活用」藤田祐樹(沖縄県博)
15:30-16:00「人類学の研究成果を活用したガイドツアー実践」高橋巧(ガンガラーの谷・ハブ博物公園)
16:00-16:30「土壌の層位は何を語るか?~土壌学からジオパークへのアプローチ~」浅野眞希(筑波大)
16:30-17:30 コメント・総合討論