会員の皆様へ:2020~2022年度の総会・大会の開催について

 既に学会ホームページ及び郵便にてお知らせしたように2020年度の総会・付帯事業については、現今の新型コロナウイルスの蔓延という事態のため中止とし、定時総会を書面開催で、研究発表を『発表要旨』での誌上発表として実施することといたしました。

本年秋に予定しております金沢大学における2020年度大会についても、実行委員会のもとで諸準備を進めてまいりましたが、新型コロナウイルスの終息が見えない現状であることから、本年度大会を中止いたします。

本年度のこのような取扱いに伴い、2021年度以降の総会・大会については、予定されていた会場をそのまま順延とすることといたします。したがって、2021年度総会は専修大学、大会は金沢市で、2022年度総会は早稲田大学、大会は福岡市で開催することといたします。

会員の皆様には、それぞれのご予定やご期待があったものと存じますが、現今の諸状況に照らして、この度の取扱いと変更についてご理解いただくとともに、改めてご予定くださいますようお願い申し上げます。

また、各実行委員会の皆様には多大なご心労をおかけいたしましたが、上記のような変更にご協力いただき深謝いたします。

  2020年6月10日

一般社団法人日本考古学協会
                           会長 谷川 章雄