「国史跡徳島城跡隣接地の埋蔵文化財保護に関する要望書」について(回答3)

    教社発第75号  
令和4年2月28日

一般社団法人日本考古学協会
埋蔵文化財保護対策委員会
委員長 藤沢 敦 様

徳島市教育委員会 
教育長 松本 賢治

 

「国史跡徳島城跡隣接地の埋蔵文化財保護に関する要望書」について(回答)

              (対  2022 年 1 月21日付け埋文委第 10 号)

 

 新ホール建設予定地で確認された「長蔵建物礎石」や「寺島口円台石垣」などは、徳島城の重要な遺構であると認識しております。

 また、出土した遺構の保存範囲や保存方法等について、徳島県文化財保護審議会の中の「専門調査会 」においてご議論を頂いております。

 史跡の追加指定につきましては、文化庁や徳島県との協議・検討を進めてまいりました。今回の 追加指定は見送ることといたしますが、将来的な追加指定が可能となるよう、最大限の遺構の現地 保存について、引き続き徳島県と協議を進めてまいりたいと思います。

 なお、新ホールの建設にあたっては、埋蔵文化財の適切な保護や積極的活用について、新ホール建設を担う徳島県に配慮していただけるよう協議してまいります。

以上

 (社会教育課)