第13回アジア考古学四学会合同講演会開催のお知らせ

テーマ「アジアの祈り」

【開催趣旨】

 古来より、人びとは様々なかたちと場で祈りを表現してきました。その表現は、宗教や信仰の違いによるだけではなく、自然環境や人びとの社会生活の営みに応じて、様々に存在しています。人びとが、どのような表現を通して祈りを伝えているのか。アジア世界の祈りの表現を、考古学の視点から探求します。

  日 時:2020年1月11日(土) 13:00~16:50
  会 場:早稲田大学戸山キャンパス 36号館5階581教室
  主 催:日本考古学協会、日本中国考古学会、日本西アジア考古学会、東南アジア考古学会
  対 象:一般・学生・研究者
  参加条件:参加費・資料代無料、申し込み不要

プログラム:
 12:30      開 場
 13:00-13:10 開催挨拶
 13:10-14:10 基調講演「祈りの現象学―西アジアの事例から―」
              月本 昭男(古代オリエント博物館館長・日本西アジア考古学会)
 14:10-14:25 休 憩
 14:25-15:05 「古代日本の神観と祭祀遺跡・自然環境」
              笹生 衛(國學院大學教授・日本考古学協会)
 15:05-15:45 「東アジアにおける古代仏教寺院研究の考古学的新展開」
                佐川 正敏(東北学院大学教授・日本中国考古学会)
 15:45-16:00 休 憩
 16:00-16:40 「アンコールにおける祈りの空間―“遺跡”の昔・今―」
              丸井 雅子(上智大学教授・東南アジア考古学会)
 16:40-16:50 閉会挨拶

 

問い合わせ先:一般社団法人日本考古学協会事務局  TEL 03-3618-6608

会場へのアクセス:早稲田大学戸山キャンパス(東京都新宿区戸山1-24-1)
  ・JR山手線 高田馬場駅から徒歩20分
  ・西武新宿線 高田馬場駅から徒歩20分
  ・地下鉄東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩3分
  ・副都心線 西早稲田駅から徒歩12分

第13回アジア考古学四学会合同公演会-チラシ