日本考古学協会設立70周年記念事業

転換期を迎えた日本考古学と日本考古学協会

1 目的

 日本考古学協会は2018年に設立70周年を迎えます。70周年という節目を迎えるにあたり、「転換期を迎えた日本考古学と日本考古学協会」をテーマとして記念事業を実施します。

 21世紀に入り世界が大きく変化するなかで、日本考古学と考古学協会も転換期を迎えています。今回、創立70周年を迎えることを契機に近年の活動や直面している問題を総括することで、今後の日本考古学や考古学協会の活動についての展望を得られればと考えています。あわせて考古学研究の成果を学術界や社会に広く発信し、考古学への理解を広めて行きたいと考えています。

2 事業の内容

(1)考古学協会創立関連資料の収集・アーカイブ化
 考古学協会創立に関連した資料を収集しアーカイブ化して保存します。特に創立時より1970年代までの資料を対象として収集・保存し、考古学協会の記録を確実に将来へと伝えてゆきます。

(2)永年在籍会員の顕彰
 考古学協会に長期わたり在籍し貢献された会員の表彰を行います。対象となる会員は1965(昭和40)年以前に入会された方(在籍53年を越えた方)で、人数は70名です。

(3)『日本考古学・最前線』の刊行
 日本考古学研究の現在の到着点をまとめた『日本考古学・最前線』(雄山閣)を刊行します。刊行は2018年10月の予定です。(資料別紙1)

(4)公開講演会の実施
 考古学協会の活動と関連した遺跡で関連機関と連携した講演会を開催します。
 ① 総会・大会での公開講演会
  1)総会:考古学協会創立70周年公開講演会

    Ⅰ 石川日出志(明治大学教授)
     「日本考古学協会の創設と初期の活動」

    Ⅱ 安蒜政雄(明治大学名誉教授)
     「日本における旧石器時代研究の歩み」

  2)大会:考古学協会創立70周年公開講演会

    Ⅰ 佐藤宏之(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
     「旧石器時代における境界と地域性の形成」

    Ⅱ 設楽博己(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
     「弥生文化地域研究の黎明-江藤千萬樹の人と学問を通じて-」

    Ⅲ 仁藤敦史(国立歴史民俗博物館教授)
     「欽明期前後の王権と地域」 

 ② 公開講演会
◆静岡市登呂遺跡
 テーマ:子どもたちと語る考古学と未来
 日 時:2018年11月3日(土) 10時~15時(9時30分開場)
 会 場:静岡市立登呂博物館
      〒422-8033 静岡市駿河区登呂5-10-5  TEL 054-285-0476
 主 催:静岡市・一般社団法人日本考古学協会
 【プログラム】
  Ⅰ部 記念講演会「考古学には夢がある」     10時~12時
   1 3D考古学と考古学の未来(仮)
        野口 淳(NPO南アジア文化遺産センター)
   2 100年後の登呂遺跡-遺跡の活用の未来形-(仮)
        禰宜田佳男(文化庁記念物課主任文化調査官)
  Ⅱ部 討論会「高校生と語る登呂遺跡の未来」   13時~15時
   1 私たちの弥生人体験記-とろむら生活-(発表・ビデオ上映)
   2 高校生と語る登呂遺跡の未来(意見交換)
        高校生10名程度 × 佐古和枝・篠原和大

◆千葉市加曽利貝塚
 テーマ:加曽利貝塚の現代的意義-調査と保存の歴史に学ぶ-
 日 時:2018年11月17日(土) 13時30分~16時30分(13時開場)
 会 場:千葉市生涯学習センター 2階ホール
      〒260-0045 千葉市中央区弁天3-7-7   TEL 043-207-5811(代)
 主 催:千葉市教育委員会・一般社団法人日本考古学協会
 【プログラム】
  記念講演会
  1「加曽利貝塚発掘調査の歴史」              13時30分~15時
     堀越正行(千葉市加曽利貝塚博物館元館長)
    ロビー展示説明 ※1階アトリウム           15時~15時30分
     ・加曽利貝塚の調査と保存の歴史 
       ・日本考古学協会と遺跡保存の歴史
  2「加曽利貝塚保存の歴史」                15時30分~16時30分
     西野雅人(千葉市埋蔵文化財調査センター所長)

 

(5)『日本考古学と日本考古学協会 1999〜2018年』の編纂
  考古学協会創立50周年(1998年)以後の1999年から2018年までの日本考古学と考古学協会の現状と課題についてまとめて刊行します。
    目次

(6)国際セッション「東アジア農耕社会の中の弥生時代」の開催

 考古学協会静岡大会で国内外の研究者によるセッション“Contextualizing the Yayoi period as a farming society in East Asia”( 「東アジア農耕社会の中の弥生時代」 使用言語:英語)を開催します。セッションの内容はJJA誌上で特集として刊行されます。