カフェ de 考古学 2022開催のお知らせ

カフェ de 考古学 2022「考古学 今とこれから」

「カフェ de 考古学」は、市民のみなさんと考古学の研究者が、カフェでコーヒーを飲みながらおしゃべりするような雰囲気で考古学のさまざまな話題について気軽に語り合う場です。どなたでも参加できますので、この機会にふるってご参加ください。

 

  日 時:2022年2月~12月 偶数月の第2土曜日 14:00~16:00
       *第4回は第3土曜日となります。
  会 場:Zoomによるオンライン開催
  主 催:一般社団法人日本考古学協会
  対 象:どなたでも
  参加費:無料

  参 加 方 法:新型コロナウイルス感染症の流行に配慮して、当面はオンラインでZoomアプリを使って行います。Zoomが使えるように準備しておいてください。
  プログラム:話題提供1時間+フリートーク1時間
         *第5回は講演会2時間となります。
  お 申 込 み:下部の申込みフォームから各回ごとにお申し込みください。おってZoomのURLをお知らせいたします。
         *各回(第5回を除く)、前の回が終了いたしましたらお申込みを開始します。

 

第3回 6月11日(土)開催
「土器圧痕法からわかること」


 

第1回 2月12日(土)

「高輪築堤の発掘調査とその意義」 講師:谷川章雄氏(早稲田大学教授)

 終了致しました。

第2回 4月9日(土)

「大山古墳研究のいま」 講師:滝沢 誠氏(筑波大学准教授)

 終了致しました。

第3回 6月11日(土)

「土器圧痕法からわかること」 講師:小畑弘己氏(熊本大学教授)

 ⼟器圧痕法による研究は、今最も注⽬されている研究⽅法です。⼟器に残された植物の種⼦や昆⾍、⾙の痕跡をシリコンなどで型取りし、電⼦顕微鏡により観察・写真撮影を⾏います。近年では、⼟器内部の圧痕をX線CTや軟X線機器を⽤いての研究も⾏われています。⼩畑⽒は⼟器圧痕研究法の第⼀⼈者で、その研究により2021年⽇本考古学協会賞を受賞しています。

 カフェでは、失敗談なども交えながら、研究の楽しさをたっぷり語っていただきます。自由な質問タイムも設けます。お気軽にご参加ください。

第4回 8月20日(土)*第3土曜日となります。

「中国考古学の現在」 講師:小澤正人氏(成城大学教授)

 

第5回 10月8日(土)

日本考古学協会2022年度福岡大会 公開講演会  講師:宮本一夫氏(九州大学教授)
                            岩永省三氏(奈良文化財研究所)

 

第6回 12月10日(土)

「考古学の仕事場から」 コーディネーター:亀田直美氏(西東京市教育委員会)

 

 


※各回の内容の詳細については、チラシ裏をご確認ください。

カフェ de 考古学 2022 チラシ (表・裏)