研究環境

 考古学協会では、考古学に関わる研究環境を改善し、考古学の発展と広い理解の促進を目的として研究環境検討委員会を設置しています。

 この委員会では、考古学研究者の研究環境、埋蔵文化財調査の資格制度、国内外における経済活動が考古学的調査に及ぼす影響、博物館における考古学資料の保護と活用、考古学の教育環境と後継者育成、など幅広い分野について検討を行ってきました。今後も埋蔵文化財調査の資格制度に関わる動きを睨みながら、ポスターセッション会場で得られたアンケートをはじめ、大学アンケートのさらなる分析など考古学の教育環境と後継者育成に関する課題について取り組んでいく予定です。