第87回総会研究発表プログラム

5月23日(日)

口頭発表

■ライブ配信

  • 10時00分 開 会
  • 13時55分 閉 会

第1会場:専修大学10号館3階10314教室

1

10時00分~
10時25分

関根達人・柴 正敏

「高知県土佐市居徳遺跡出土の大洞A1式装飾壺はどこでつくられたか?」

2

10時30分~
10時55分

山田康弘・日下宗一郎・米田 穣・坂上和弘・水嶋崇一郎

「縄文墓制研究における人骨年代測定の重要性について」

3

11時00分~
11時25分

宮腰健司・池本正明・鈴木正貴・堀木真美子・川添和暁・田中 良

「土石流で覆われた弥生時代集落-愛知県北設楽郡設楽町上ヲロウ・下ヲロウ遺跡の調査-」

4

11時30分~
11時55分

中久保辰夫・李貞・石坂泰士・井上智博・中塚 武

「型式学・堆積学・年輪酸素同位体比分析による奈良県新堂遺跡出土初期須恵器・土師器の年代」

5

12時00分~
12時25分

田中元浩・丸山真史・仲辻慧大・金澤 舞・佐藤純一・玉置梨沙・濱崎範子・田之上裕子・岩井顕彦・森田真由香・石丸 彩

「古墳時代における海浜集落と骨角器生産」

6

12時30分~
12時55分

松本啓子

「鎖国期の色絵フォグリー文アルバレルロと天正遣欧使節」

7

13時30分

13時55分

黄暁芬

「交趾郡治・ルイロウ発掘からみた東アジア地域史の新展開」

tag

■オンデマンド配信

1 酒井弘志 「史跡墨古沢遺跡の日本最大級環状ブロック群の調査成果」

2

国武貞克・須藤隆司・堤 隆・國木田 大・佐藤宏之 「長野県佐久市香坂山遺跡の発掘調査-日本列島における石刃石器群の起源をめぐる調査研究-」
3 山口欧志 「文化財の三次元計測方法による収集データの比較 」
4 北島大輔 「幻の考古コレクション-弘津金石館・旧制山高歴史教室陳列品目録の研究-」

tag

■誌上発表

1 駒木野智寛 「三陸北部地域における縄文三陸津波と貝塚遺跡-門前貝塚を中心として-」
2 小畑弘己・國木田 大 「大陸系穀物流入期・江辻SX-1段階の再検討」
3 平川ひろみ・中園 聡 「弥生土器における回転台問題とその論理」
4 森 貴教・柚原雅樹・梅﨑惠司・川野良信 「弥生時代における『層灰岩』製石器の石材原産地推定」
5 清水邦彦 「近畿式銅鐸の製作地をめぐって 」
6 佐々木和博 「国宝・慶長遣欧使節関係資料の検証-そのすべてが使節の将来品かー」

 

 

セッション

tag

第2会場:専修大学10号館3階10313教室

セッション1「東アジアにおける水稲農耕定着期の関東地方」
1 10時00分~
10時25分
長友朋子・深澤芳樹 「水稲農耕定着期の関東地方」
2 10時30分~
10時55分
石川日出志 「関東地方の水稲農耕の受容と中里遺跡」
3 11時00分~
11時25分
佐々木由香 「縄文晩期から弥生中期における南関東地方の環境変遷と植物利用」
4 11時30分~
11時55分
寺前直人 「関東地方水稲農耕定着期における石器の変遷-外部依存と生産・消費システム-」
5 12時00分~
12時25分
林 大智 「北陸地域からみた関東地域の鉄器普及」
6 12時30分~
12時55分
中村大介 「楽浪郡設置以前の黄海東部交易と西日本」

tag

セッション2「土器の機能や用途を考える―土器残存脂質分析による学際的アプローチ(2)―」
13時25分~
13時30分
宮田佳樹 「趣旨説明」
1 13時30分~
13時55分
宮内信雄・堀内晶子・佐野 隆・中村耕作・小林青樹・山本真也・吉田邦夫・宮田佳樹 「縄文のあかり」
2 14時00分~
14時25分
福井淳一・村本周三・福田裕二・宮内信雄・堀内晶子・吉田邦夫・宮田佳樹 「埋甕炉に利用された土器の脂質分析」
3 14時30分~
14時55分
村本周三・宮内信雄・堀内晶子・吉田邦夫・宮田佳樹 「脂質分析からみたトビニタイ文化の特徴について」
4 15時00分~
15時25分
上條信彦・宮内信雄・堀内晶子・吉田邦夫・宮田佳樹 「北限の稲作地帯の土器とその残存脂質分析」
5 15時30分~
15時55分
白石哲也・藤田三郎・柴田将幹・宮内信雄・堀内晶子・吉田邦夫・宮田佳樹 「清水風遺跡出土土器の脂質分析から見えてきたもの(2)」
6 16時00分~
16時25分
宮田佳樹・白石哲也・久保田慎二・小林正史・藤田三郎・柴田将幹・宮内信雄・堀内晶子・吉田邦夫 「唐古・鍵遺跡出土土器の脂質分析(2)」

tag

第3会場:専修大学10号館3階10312教室

セッション3「古代DNA解析と考古学の接点」 (日本人類学会骨考古学分科会との共催)
9時55分~
10時00分
篠田謙一 「趣旨説明」
1 10時00分~
10時25分
篠田謙一 「弥生・古墳・貝塚時代のDNA分析が目指すもの-現代までの到達点-」
2 10時30分~
10時55分
藤尾慎一郎 「韓国新石器時代・三国時代のDNA分析からわかったこと-慶尚道出土人骨を中心に-」
3 オンデマンド配信 神澤秀明 「弥生時代早期の西北九州型弥生人の核DNA分析について-佐賀県大友遺跡8号支石墓出土人骨を中心に-」
4 濵田竜彦 「DNA分析でわかった弥生時代後期の鳥取県青谷上寺地遺跡の特徴」
5 清家 章 「古墳時代前半期首長墳被葬者の親族関係-高松茶臼山古墳を中心に-」

tag

セッション4「オープンサイエンス時代の考古学・埋蔵文化財情報」
13時25分~
13時30分
野口 淳

「趣旨説明」

1 13時30分~
13時55分
野口 淳 「考古学・埋蔵文化財情報のオープン化」
2 14時00分~
14時25分
高田祐一 「考古学・埋蔵文化財情報の情報プラットフォームとしての全国遺跡総覧-When Where What で検索できるシステムを目指して-」
3 14時30分~
14時55分
樋上 昇・堀木真美子 「愛知県埋蔵文化財センターの取り組み」
4 15時00分~
15時25分
中村耕作 「大学博物館所蔵資料の3Dデータ化と公開-考古学実習・博物館実習とのかかわりの中で-」
5 15時30分~
15時55分
三好清超

「行政と学校、市民の協働による文化財情報の取得と公開-飛騨市モデルの事例報告-」

6 16時00分~
16時25分
討 論

tag

第4会場:専修大学10号館3階10311教室

セッション6 英文機関誌編集委員会 「国家形成過程の国際比較研究」 ※全編英語
9時55分~10時00分 佐々木憲一 「趣旨説明」
1 10時00分~
10時25分
猪俣 健 「マヤ地域における国家形成過程」
2 10時30分~
10時55分
Roderick Campbell 「State Formation in Early China」
3 11時00分~
11時25分
辻田淳一郎 「日本列島の古代国家形成過程における中心と周辺-北部九州の視点から-」
4 11時30分~
11時55分
田中 裕・佐々木憲一 「古墳時代常陸における国家形成過程」
5 12時00分~
12時25分
Discussion

tag

セッション7 社会科・歴史教科書等検討委員会 
                「続・旧石器時代を小学校の授業で語りたい―博物館・埋蔵文化財センターからのアプローチ―」

1 13時30分~
13時55分
釼持輝久 「続・旧石器時代を小学校の授業で語りたい」
2 14時00分~
14時25分
小菅将夫 「岩宿博物館における旧石器(岩宿)時代の学習活動」
3 14時30分~
14時55分
大竹幸恵 「続・ふるさとの歴史に学ぶ人類の絆」
4 15時00分~
15時25分
田中広明 「埼玉県埋蔵文化財調査事業団『古代から教室へのメッセージ』」
5 15時30分~
15時55分
松本建速 「小学校歴史教科書と旧石器時代-記述テーマ変遷の歴史-」
6 16時00分~
16時25分
討 論

tag

第5会場:専修大学10号館3階10310教室

セッション8 研究環境検討委員会
                   「考古学を仕事にしたいというあなたへⅡ―キャリア形成と職場のこれから―」
13時25分~
13時30分
小倉淳一 「趣旨説明」
1 13時30分~
13時55分
馬淵和雄 「考古学のチカラ」
2 14時00分~
14時25分
瀬谷今日子 「博物館が変わる今、学芸員にできること」
3 14時30分~
14時55分
塚田清啓 「コロナ禍の埋蔵文化財業務-行政と財団調査機関の狭間で-」
4 15時00分~
15時25分
吉田智哉 「新たな文化財行政を目指す-市町村自治体の現状と課題-」
5 15時30分~
15時55分
高橋泰子 「改正文化財保護法と新型コロナウイルス禍での民間調査組織の現状と課題」
6 16時00分~
16時25分
意見交換

tag

■オンデマンド配信

tag

セッション5「湯取り法から米蒸し調理への転換過程―鍋釜のススコゲ分析と火処の分析―」
小林正史 「趣旨説明」
1 石垣義則・滝沢規朗・小野本 敦 「越後地域における湯取り法炊飯からウルチ米蒸しへの転換-天野遺跡と余川中道遺跡のススコゲ分析-」
2 小林正史・岩橋孝典 「山陰におけるウルチ米蒸しの方法-ススコゲ分析から-」
3 松島隆介・今塩屋毅行 「ススコゲから見た6~7世紀の宮崎地域の土器埋設炉による調理方法」
4 松﨑大嗣・鐘ヶ江賢二 「鹿児島地域の成川式土器における湯取り法炊飯と米蒸し調理」
5 久保田慎二 「中国におけるウルチ米を蒸す調理の考古資料と民族誌」
6 討 論

tag

セッション9 災害対応委員会・平成28年熊本地震対策特別委員会・埋蔵文化財保護対策委員会
         「災害と文化財―令和2年7月豪雨から1年、平成28年熊本地震から5年、東日本大震災から10年―」
1 岸田裕一 「令和2年7月豪雨による熊本県人吉市の文化財被害について」
2 宮本一夫 「平成28年熊本地震対策特別委員会の総括と展望」
3 菊地芳朗 「福島第一原発事故にかかる中間貯蔵施設建設予定地の埋蔵文化財調査とその意義」
4 渋谷孝雄 「東日本大震災から10年・復興事業に伴うその後の埋蔵文化財の調査と課題」

tag

ポスターセッション

P01 大屋道則

「黒曜石の産地推定についての課題(2)」

P02 大塚宜明・飯田茂雄・朝井琢也・臼杵 勲・正司哲朗・澤井 玄・石村 史・三浦弘夢

「北海道常呂郡置戸町置戸山2遺跡の第5次発掘調査概要報告」

P03 中村 大 「縄文時代の人口と儀礼における変化の連動性-文化情報が社会のレジリエンスを生む-」
P04 小林謙一・佐々木由香西本志保子・金子悠人・山本 華・小林尚子・中山真治 「縄紋中期土器文様装飾時におけるダイズの意図的混和例」
P05 山崎真治 「胎土分析から見た『奄美系土器』の実態」
P06 櫻庭陸央・植月 学・上條信彦 「縄文時代晩期内陸部における動物資源利用」
P07 中尾 央・金田明大・田村光平・中川朋美・野下浩司 「SfMとレーザースキャナーによる遠賀川式土器の三次元計測」
P08 中川朋美 「弥生時代中期の北部九州における暴力と階層性の関係性」
P09 水野敏典・岡林孝作・山田隆文・奥山誠義・北井利幸・古谷 毅 「三角縁神獣鏡『同笵鏡』断面の差異の基礎的研究(2)」
P10 畑中英二・西森正晃・下村奈穂子・倉澤佑佳 「京都市弁慶石町の遺構間接合-廃棄過程の検証-」
P11 清水 香・南 武志・高橋和也・本多貴之 「漆器に使用した朱の産地に関する実証的研究」
P12 三阪一徳・持田直人・伊藤 創・徳澤啓一 「江津市竹下窯跡の三次元計測からみた石見焼窯の構造」
P13 会下和宏・木下保明・
黄暁芬
「ベトナム交趾郡址・ルイロウ城址築城の変遷」
P14 研究環境検討委員会 「埋蔵文化財保護行政における後継者育成に向けてⅡ 」
P15 埋蔵文化財保護対策委員会 「2020年度の埋蔵文化財保護対策委員会の活動」

tag

高校生ポスターセッション

K01 福島県立相馬高等学校 郷土部(髙田瑛里・高橋優奈・石井更沙・阿部結菜・寺島祐一郎) 「相馬中村藩における官軍墓地について」
K02 栃木県立矢板東高等学校 リベラルアーツ同好会(池亀優作・加藤 湊・髙橋 翼) 「特産品の運搬からみる古代下野国塩屋郡衙跡の推定」
K03 太田市立太田高等学校 地理歴史クラブ(上武恒介・田又春哉・井上 駿・中島宥紀) 「古地図から読み解く太田宿の発展と特徴」
K04 群馬県立高崎北高等学校 JRC部歴史研究班(淺川美月・相澤果蓮・小野澤光輝) 「古墳から城、そして祭場へ-場の転用についての考察-」
K05 鶯谷高等学校 地歴サークル部(青山昌太郎) 「鉄の考古学を考える-美濃(三野)の製鉄伝播-」
K06 岐阜県立関高等学校 自然科学部霊長類研究班・地域研究部(木村陽向・小森弘貴・井上寧々・岩田悠市・神谷杏奈・永坂知也・古田萌恵・山内虎太郎)

「ヒトとチンパンジーの石器使用比較-体と心の進化を探る-」

K07 岐阜県立関高等学校 地域研究部(田中莉子・藤村彩須果・小原和也・河路康太・渡邊貫太・石原怜緒) 「織田信長の東美濃攻略戦とその関連史跡の活用について-地域と高等学校の連携による実践報告-」
K08 愛知県立豊橋南高等学校 松下文太 「なぜ古墳を川の側に造営した?」
K09 奈良県立橿原高等学校 考古学研究部(髙田朱桜・黒仁田愛香・小澤亮太・中井知世・竹中美咲希)

「弥生ARTを科学する-人物画のテクニック-」

K10 鳥取県立八頭高等学校 亀の会(酒本芽依・岡 駿佑・大東絹都・野田遥登) 「鳥取池田家・岡山池田家の墓碑について」
K11 徳島文理高等学校 郷土研究部(今井滉教・松井葉音・吉田和矢) 「徳島県の高地蔵-新発見について-」
K12 福岡県立糸島高等学校 歴史部(日髙仁将) 「記紀神話と考古資料-糸島地域を舞台とした一考察-」

 

※5月22日(土)の総会にて、優秀賞を発表します