『日本考古学』の原稿募集

 機関誌『日本考古学』の刊行予定は、第48号:2019年5月中旬、第49号:2019年10月中旬、 第50号:2020年5月下旬ですが、原稿は随時募集いたして おります。
 下記の「投稿規定」ならびに「執筆要項」をご確認のうえ、「原稿送り状」(ともに第46号巻末に掲載)に必要事項を記入して、お送りください。ご不明な点は協会事務局までお問い合わせください。
 会員皆様の多数の投稿をお待ちいたします。

機関誌『日本考古学』 投稿規定

1.投稿資格:原則として日本考古学協会会員に限定する。ただし、会員からの推薦があればこの限りではない。依頼原稿に関しても同じである。
2.著作代表者:著者が複数の場合、著作代表者を明示すること。著作代表者は原稿審査に関わる連絡担当者になるとともに、全著者を代表して当該原稿の責任を負う。
3.原稿の種類:論文、研究ノート、遺跡報告、書評、研究動向とする。
4.投稿手続:投稿者は、必ず別紙「原稿送り状」を添えて日本考古学協会事務局宛に送付する。非会員の投稿には、会員の推薦状を添付する。推薦状の書式は問わない。
5.受  付:編集委員会が原稿を受け取った日を「受付日」とする。受付後、「預かり状」を発送する。
6.査  読:受付した原稿はすべて、複数の査読委員による査読を行い、編集委員会は査読の結果を投稿者に通知する。査読の結果修正等を求めた場合、投稿者は、速やかにこれに応じて修正原稿を再提出する。なお、3ヶ月を越えて修正原稿の提出が無い場合は、それ以後新規投稿として扱う。
7.受  理:査読の結果を受けて、編集委員会で採否を決定し、掲載原稿についてはその段階で「受理」とする。なお、原稿の掲載時期についても編集委員会が決定する。
8.別  刷:掲載者には掲載雑誌3部と別刷50部を贈呈する。それ以外の別刷については、自己負担とする。
9.著 作 権:受理された原稿の著作権は、一般社団法人日本考古学協会著作権規定第4条により日本考古学協会に帰属するものとし、同規定第5条により著作権譲渡承諾書を協会に提出することとする。掲載原稿の転載等においても同規定第7条に従って行うこと。