会費納入方法の変更及び会費未納者へのお知らせ

 本協会の活動財源となる会費は、日本考古学協会規則第10条により前納を原則としております。納付につきましては、事前に配布している「ゆうちょ銀行」の口座振込用紙を利用して頂いていますが、前納状況は低調で、不安定な財政運営が常態化しています。未納者については随時督促を行っていますが、未収金の減少には至っていないのが現状です。
 この会費問題については、総会・大会時の多額の現金取扱いのリスクや会費納入システム等ともあわせて、理事会で継続的に検討され、定期総会においても改善すべき事案として提起してきました。
 この度、2018年9月理事会において、一連の審議を経て、次のとおり、総会・大会における現金による会費納入の停止及びそれに伴う利便性の改善、また会費未納者の権利の一時停止を含めた改定案が承認されました。実施に当たりまして、会員の皆様には、ご理解の上、会費の前納にご協力をお願い申し上げます。

一般社団法人日本考古学協会 会長 谷川章雄

【会費納入方法について】
 ・第85回(2019年度)総会から現金による会費納入を停止します。
  総会・大会時の現金による会費納入は、安全性への配慮から、原則として取扱いません。

 ・会費振込専用の銀行口座を開設しました。
  納入の利便性を考慮し、「ゆうちょ銀行」以外の金融機関からのATMやコンビニATMによる会費振込を行えるように致しました。なお、銀行口座への振込手数料は会員負担でお願い致します。
  〈会費振込銀行口座〉
   みずほ銀行 小松川支店 普通預金 口座番号1247500
    一般社団法人 日本考古学協会

   ※お振込みの際の依頼人名は、個人識別のため、
    ①正会員は「1」、賛助会員は「2」を入力し、②氏名、③名簿掲載の郵便番号をご入力ください。
     例)正会員で東京都江戸川区在住の考古太郎さんの場合 ⇒ 1コウコタロウ1320035

 ・従来通り、郵便振替口座の払込用紙でもご納入いただけます。
  〈郵便振替口座〉
   00170-8-143466
    一般社団法人 日本考古学協会

【会費未納者の取扱いについて】
 ・未納会費のある場合は、総会での各種研究発表・セッションへのエントリー及び図書交換会への申込、機関誌への投稿はできません。各種申込み時には、未納分の会費がないかご確認ください。

 ・2年以上の会費未納者については、協会刊行物(会報は除く)の配布を停止することがあります。

 ・原則として、理事会が設置する委員会の各委員は、会費の未納者でないこととします。

【摘要開始時期】
 ・2019年1月1日から摘要します。